協和綜合法律事務所 協和パートナーズ法律事務所
トップページ
弁護士の構成
顧問弁護士制度について
弁護士概要
取扱事件
求人案内
ご意見

取扱事件

9 製造物責任法関係

近時、製品の安全性に対する消費者の目は厳しくなり、製品の設計、製造はもちろんのこと製品に関する情報提供の仕方などについても十分な配慮が求められています。また、一度、製品事故が発生した際には、その対応方法を誤ると企業の存亡にかかわるような重大な事態に陥ることも稀ではありません。当事務所では、日本の製造物責任訴訟の代表例であるワープロ火災事故訴訟の代理人をつとめるなど、PL法の制定前からこの分野について豊富な実績を有しています。

当事務所で取り扱い実績のある案件としては次のようなものがあります。

  • ワープロ火災事故に関する製造物責任訴訟
  • 工業用乾燥機火災事故に関する製造物責任訴訟
  • 通電用コードの断線による火災事故に関する製造物責任訴訟
  • 立体駐車場による人身事故に関する製造物責任訴訟
  • 工業用機械による人身事故に関する製造物責任訴訟
  • 鮮魚の毒素による健康被害に関する製造物責任訴訟
  • 輸入ダイエット食品による健康被害をめぐる製造物責任紛争
  • 無許可成分を含む輸入香辛料による食品欠陥に関する製造物責任紛争
  • アイスクリームへの異物混入による食品欠陥に関する製造物責任紛争
  • ドリンク剤のラベルへの警告表示作成に関する助言
  • 家具製品の取扱説明書作成に関する助言
  • 健康食品のパンフレット作成に関する助言

 

トップ | 弁護士の構成 | 事務所概要 | 取扱事件 | 求人案内 | ご意見
Copyright © Kyowa-sogo Law Office & Kyowa-partners Law Office All righr riserved.