協和綜合法律事務所 協和パートナーズ法律事務所
トップページ
弁護士の構成
顧問弁護士制度について
弁護士概要
取扱事件
求人案内
ご意見

取扱事件

5 知的財産権関係

知的財産権をめぐる法的問題の処理は、近年ますます重要性を増しており、企業の命運を左右することも珍しくありません。

当事務所では、知的財産チームを設置し、また特許事務所(弁理士事務所)とも連携を図りながら、特許権、意匠権、商標権、著作権、不正競争防止法(商品の誤認、形態の模倣、営業秘密、営業誹謗など)をはじめとする知的財産権分野全般についてのサービスを提供しています。

サービスの内容は、知的財産権侵害訴訟や特許・商標などの無効審判・審決取消訴訟の代理はもとより、これらの紛争解決のための交渉、ライセンス契約の作成やその助言、職務発明規程の作成やその助言、アーティスト、プロダクション、レコード製作会社などについての契約処理など多岐にわたっています。また、偽造ブランド品を巡る紛争処理については長年の実績があり、訴訟や交渉の代理、侵害警告の処理、輸入物品の水際規制についての処理などといったサービスも提供しています。

当事務所で取り扱い実績のある案件としては次のようなものがあります。

  • 集合住宅向け放送番組オンデマンド配信機器についての販売差止め請求訴訟(著作権)
  • 中古ゲームソフトについての販売差止め請求訴訟(著作権)
  • 並行輸入が争点となるブランド品販売差止め等請求訴訟(商標法・不正競争防止法)
  • 商品形態に基づく商品の製造販売差し止め等請求訴訟(不正競争防止法等)
  • 営業秘密やノウハウが争点となる退職者に対する損害賠償請求訴訟(不正競争防止法等)
  • エレベーター製造販売差止訴訟(特許権)
  • 自動車部品の製造販売差止訴訟(特許権)
  • 蓄光材の製造販売差止訴訟(特許権)
  • ダンボール資材製造技術についての無効審決取消訴訟(特許権)
  • 企業内のソフトウェア違法コピーを巡る紛争処理(著作権)
  • 映画制作委員会についての契約・交渉処理(著作権)
  • 衛星放送事業者が配信するコンテンツを巡る紛争処理(著作権)
  • 商標などの使用許諾契約作成についての相談・助言
  • キャラクターの商品化権許諾契約作成についての相談・助言
  • 食品メーカー、化学資材メーカーなどの職務発明規程作成についての相談・助言
  • 映画作成に対する投資契約作成についての相談・助言
  • アーティスト、プロダクション、レコード製作者らの間の権利関係などを処理するための契約作成についての相談・助言
  • 地域名産品についての販売差止仮処分申立事件(不正競争防止法)
  • 引出し扉についての販売差止請求訴訟(特許法)
  • 類似の商品・営業表示の差止請求(不正競争防止法)
  • ソフトウェア開発の債務不履行に基づく損害賠償請求訴訟
  • インターネット掲示板における誹謗・中傷行為に対する相談・助言
  • インターネットを利用したサービス提供に関する相談・助言
  • 商品及びその製造方法に関する特許権侵害に関する相談・助言
  • 共同開発契約書、委託開発契約書作成についての相談・助言
  • プログラム著作物の登録に関する相談・助言
  • 特許の「発明者」に関する相談・助言

 

トップ | 弁護士の構成 | 事務所概要 | 取扱事件 | 求人案内 | ご意見
Copyright © Kyowa-sogo Law Office & Kyowa-partners Law Office All righr riserved.